HOMEくらし・手続き安全・防災

安全・防災

罹災(りさい)証明書の発行について

罹災(りさい)証明書について

災害対策基本法第2条第1号に規定する災害(暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波等)によって不動産等が被害に遭い、保険等の手続きにおいて証明が必要となる場合に「罹災(りさい)証明書」を発行します。なお、火災の場合の「罹災(りさい)証明書」は、消防署での発行となります。

罹災(りさい)証明書の申請について

○申請の際に必要なもの

罹災(りさい)証明申請書 

Word版 (DOCX 16.2KB)   PDF版 (PDF 84.4KB)
   (企画振興課にも用紙を用意しております)

・本人確認のできるもの(運転免許証、健康保険証等)

・印 鑑

・建物等の位置図、平面図、被災状況の写真

※委任状(本人、同居親族等以外の方が申請される場合(様式任意))

   注意事項

○証明する事項は、災害による被害の程度を証明するものであり、被害額を証明するものではありません。

○被災から時間が経過し、被災程度が確認できない場合など証明書を交付できない場合があります。

○発行に係る手数料は無料です。 

   お問い合わせ・提出先 

○役場企画振興課 0135-75-2877 

 

 

(

詳細をみる

原子力災害時における住民避難用バス要請・運行要領

 北海道のホームページをご参照ください。

  ※バス要領のポイント

   http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/basyouryoupoint.pdf

    ※バス要領の本文(防災計画資料編)

   http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gat/keikakusiryo/H30/H30keikakusiryo371.pdf

詳細をみる

泊村ハザードマップ

詳細をみる

泊村耐震改修促進計画

 泊村では、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に基づき、安全・安心なまちづくりを推進するため、旧耐震基準で建築された既存建築物の地震に対する安全性の向上を、計画的に推進して行くことを目的として、「泊村耐震改修促進計画」を策定しました。

 国の基本方針と北海道の耐震改修促進計画を踏まえて、村域内の建築物の耐震化率を、平成27年度末には国と北海道の目標である耐震化率90%にするよう、耐震化の促進を図っていきます。

泊村耐震改修促進計画(平成21年3月)

詳細をみる

イベントカレンダー

2018年12月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ページの先頭へ